« ペコちゃんの心境は(1月17日) | トップページ | 公定歩合据え置き(1月19日) »

2007/01/22

ニート対策の売り(1月18日)

 18日午前、教育委員会と雇用対策の担当者から、県が来年度から始めるニート対策の、セールスポイントについて説明を受けました。

 ニート対策は、これまで全国でも、色々な形で取り組まれていますが、主には、ハローワーク的な職業斡旋と、そのための職業訓練が中心になっています。

 ところが、ニートの原因にもなる引きこもりの若者は、その半数が、不登校を経験しているとの統計がありますので、学校との連携なしにニート対策の店開きをしても、待ちの姿勢に終始せざるを得ません。

 また、ニートの就職を支援するセンターに、よしんば、ニートの人が足を運んだとしても、長い間引きこもっていたために、例えば、コンビニで買い物をする仕方がわからないとか、映画館に入ることが出来ないなど、社会性の欠如という点で、職業訓練以前の問題を抱えています。

 このため、ニートを対象に、来年から高知県が始めるサポートセンターは、労働政策や雇用担当の部門ではなく、教育委員会の生涯学習課が担当することになりました。

 これによって、 不登校になって、心の教育センターという教育委員会の施設に相談をしたことのある、児童生徒の個人情報をきちんと管理しながら、その後の生活を、追跡できるようになりますので、ニートに対する、より積極的な対応が可能になります。

 また、ハローワーク的な手法では手に負えない、社会性を補うためのトレーニングも、担えることになります。

 もちろん、雇用対策の担当部門も連携をしていきますが、もともとは、労働政策の一環として打ち出された厚生労働省の事業を、教育委員会が受けることで、中学や高校との連携など、これまでのニート対策にあったギャップを埋めることができれば、縦割りの事業を横につなぐ、モデルの一つになるのではと期待をしました。

|

« ペコちゃんの心境は(1月17日) | トップページ | 公定歩合据え置き(1月19日) »

コメント

マイゴの会も参加します!2月4日新堀川草の根観光冬祭り

アカメの棲む新堀川のたもとで2月4日に行われる「新堀川草の根観光冬祭り」に
しごと迷子の若者たちが集まって組織した「マイゴの会」の会のメンバーがこの
イベントをスタッフとしてお手伝いすることになりました。

http://hlc.web6.jp/modules/journal/blocks/journal_detail.php?block_id=51&news_id=52&op=com#51

さらに第三部のライブでは若者たちが「まいごバンド」を結成し新堀川のほとりで
演奏します。
 初披露です。2月4日午後4時30分から ♪新堀ほっとハーモニーライブ♪
みなさまもよろしかったらご参加下さい!

==============================

新堀川草の根観光冬祭りのご案内

  「高知を元気にするために、お金をかげず、
     知恵と情報を活用して出来ることから実践してみよう」

==============================

街のど真ん中自然と歴史の残る新堀川界隈はお気軽体験型観光の「場」と
しての可能性がおおいにあります。
 そこで、出来ることから実践ということで下記のとおり、草の根観光冬祭りを
開きます。みなさん お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。


新堀川草の根冬観光祭りは三部構成です。参加料 無料
開催日時2007年2月4日(日)午後2時から6時まで

★マイゴの会のメンバーは 当日のイベントのスタッフで参加します!
 この会についてのお問い合わせは

 世話人 山下 曜さん まで 090-9456-7447
 ogiyan_05@yahoo.co.jp

●新堀川草の根観光祭り についてのお問い合わせは

 連絡先 世話人 西岡謙一 さんまで
 nishioka@mb.inforyoma.or.jp
 電話088-883-1781
 高知市桜井町1―7―15

以上なにとぞよろしくお願いいたします。

投稿: 竹内隆志 | 2007/01/31 00:46

ニートを対象に、来年から高知県が始めるサポートセンターの準備組織として昨年末頃から県庁内の各組織等を集めて委員会が開催されていると先日のシンポジウムで聞きました。
ただ残念なことは支援を行う公的機関しか入っていなく、当事者と思われるニートと称せられる若者たちやその家族、その民間支援組織が漏れていることがわかりました。

県庁組織としては雇用労働から教育関係が音頭を取ると言う点で画期的だと自負されるのでしょうが、地域社会の中で若者たちをどう育てていくかと言う視点に立てば
それが縦から横になったとはいえ、行政の枠組み自体は変わりませんし、閉鎖的な支援施設の中でどうこうしても一般社会から見ればほんの狭い枠組みにすぎません。

閉じこもっていた若者をどう社会と関わらせていくか、彼らの出口のネットワークをいかに構築するかは、地域で日頃から繋がってきた活動ができてこそ初めて生まれるものだと思われます。それには日頃から培ったお互いの信頼関係が前提です。

その決め手としては、それぞれハブとなる人たちの緩やかな絆としての人的ネットワークが相互に働き補完し合って、相互に活用していくことでしょう。それは縦割りだろうが横割りだろうが行政だけではなし得ないのは明らかです。

子どもや若者を「おせっかい」したくてたまらない大人が地域にはいます。大人もまた若者や子どもたちに協力し手伝ってもらうことを求めています。
それぞれが出来ることから出来る形ではじめていくことが大切ではないでしょうか。

県内のNPO等支援組織にはその能力や経済的基盤がないとして、中央から支援組織を呼んでくる姿勢には疑問を感じます。高知県が高知県民の「住民力」を信頼しなくて何ができるのでしょう。

中央からきた支援組織が選定を受けそのサポートセンターを行うことがまるで決まっているような口ぶりでしたが、県民はこの日初めて聞く話で、それでこの事業をやりますか?やめますか?と言われてもそもそもコンセンサス自体がまだ出来ていない話であり、ただ唖然とするばかりでした。

彼らをどう社会と関わらせていくかについては、まず県職員自らが現場に向かい彼らのニーズや気持ちを感じていくことです。行政職員以外の声も聞いてください。

以前に引きこもり、不登校になって、教育委員会の施設に相談をしたことのある若者は先日の場でこう漏らしました。10数年1回も電話ももらったことがないと。
いかに追跡調査をしても当人との信頼関係がまずなければ、それは所詮たんなるデータにすぎません。

投稿: 竹内隆志 | 2007/01/30 01:09

ニートの諸君は新堀川のほとりにも現れ、すでに実践を地域の中で開始しています。

知事の言う『住民力』
町民が掘った新堀の『町民力』
地域が学びの場の『社会学』

これらを大きな流れに乗せましょう。
 
参照:高知新聞1・28「学びの場、地域社会の復活」
   筑紫哲也×門脇厚司

投稿: 下司孝之 | 2007/01/29 20:29

高知の若者たちが自分たちで立ち上げた「マイゴの会」が発足しました
しごと迷子の若者たちが集まって組織した「マイゴの会」がいよいよ1月26日に活動をはじめました。
この日10人ほどの若者らが集まり、最初に世話人の山下 曜さんが会の設立趣旨やマイゴの会の名前のいわれなどを話しました。

各メンバーにはマイゴの貝で作ったバッジが配られ、月に最低1回はこうした定例会を開催していくことなどを話し合われました。
集まったメンバーからはこの会に参加するに当たっての動機やこれまで仕事に就いたことやいろんな事情で仕事と遠ざかっていることや、就職ではないが請負の形で仕事を行っていること、前の職場で嫌がらせやイジメにあったことが原因でなかなか仕事につけないことなどの体験などが順次発表されていきました。

詳しくは、こちらのブログの記事をごらんいただければ幸いです。

キャリアカウンセラー徒然草
http://hlc.web6.jp/modules/system/modules/menu/main.php?page_id=36&op=change_page

本来こうしたグループワークでは本音を語り合うことが一番大切ですが、初めて顔を合わした参加者がほとんどでしたが、その割には初回からアイスブレーク出来て良い展開になりました。良い手応えを感じています。
はじめはふさぎがちだったメンバーの表情が、最後はまるで仲の良い友達と話しているような明るい表情にすっかり変わっていったのが印象的でした。

このマイゴの会の主体はあくまでも集まっているメンバーそのものです。
誰かが上から支援をするというものではありません。行政からの支援や援助を受けて行っているのはありません。
お互いに同じ年代、同じ立場、同じような悩みや苦しみをかかえているからこそ、お互いのことがよく理解され、この場に参加することを自分から価値を見いだしているのだと思います。

私はこのマイゴの会のスタイルがこれからの若年者対策のありかたとして、ヒントになるのではと期待しています。と同時に本当に勉強をさせてもらっていると、このたび勇気を出して立ち上がった若者たちに本当に感謝しています。
高知のマイゴにはまだまだ「宝」の貝が埋もれています。是非とも掘り出して見つけていきたいと思います。

投稿: 竹内隆志 | 2007/01/29 00:56

気になったので少し・・・。ニート対策に関連したことを書かせてもらいます。

「子どもたちの未来を考える」シンポジウム~ニートやひきこもり傾向にある若者社会的自立に向けて~という催しが、高知県教育委員会の主催にて1月27日13時30分から県庁正庁ホールでおこなわれるそうですが、参加してもらいたい対象の方々にきちんと周知されているのでしょうか?
私たちが初めて計画を知ったのは偶然的に1月12日の朝でしたし、そのパンフレットを実際にもらったのは1月17日に県教育委員会に伺ったときでした。

ひきこもりの会に参加されているご家族の方々にもこのイベントの案内は周知されていなかったようでした。私たちが関係者に伝えましたが、大体殆どの方は日中仕事で忙しく参加できない方がやはり多かったです。
有名な大学教授や東京のNPOの方を招いてのシンポジウムですから、開催にあたっては主催者にもっと配慮をしてほしいと感じました。
20日のほっとカフェでは頂いた20部程度のチラシを参加者に配りました。
主催者にはある程度の目算があるでしょうが、はたして当日どれだけの参加者が集まるのでしょうか?

投稿: 竹内隆志 | 2007/01/22 21:02

私どもNPOハートリンクコミュニティでは、ニートやご家族の方々を支援するために毎月場づくりと交流の場を設けて行っています。
それが、毎月20日に開催している「ほっとカフェシアター 心のシネマ館」という催しです。
もちろんすぐ仕事につくための職業紹介や相談活動を行うのではなく、社会参加できるような仕組みや支援の輪を垣根を超えて拡げることが大事だと思っています。
この催しは、若年者のニート・引きこもりによる、関係者の共通の悩みや課題を話し合う「場づくり」と支援の輪をつなぎネットワークをはかることをねらいとして開催しています。
毎回のご案内は教育委員会や心の教育センターや精神障害福祉センター、青少年プラザなどにもチラシを置いてもらうようにNPOのスタッフがお願いに上がっています。
この催しは、ニート問題で悩んでいる当事者およびその家族の方々の自立を促進し共通の悩みを解消し、お互いの交流の機会を設けていくのがねらいです。少しずつ社会参加できるようにフォローすることが大事です。
引きこもりになっているご本人がまだ来られなくてご家族の方がお越しになるケースもありますが、それも1つの支援の形だと思っています。

そうした中で長い間引きこもっていた若者たちが、自ら迷子の状態の自分たち自身を対象に色んな悩みをお互いに相談しあえる場にしようと「マイゴの会」を立ち上げられました。
以下のホームページにある「マイゴの奮闘記」をご覧頂ければ、高知でもすでにハローワーク的な手法では手に負えない、社会性を補うためのトレーニングの実践を、彼ら自身が取り組んでいただいている状況がおわかりになっていただけると思います。
http://hlc.web6.jp/modules/system/modules/menu/main.php?page_id=45&op=change_page

これらの取り組みの実態をぜひ関係部署の担当者の方々にも見に来ていただければ幸いかと考えます。ところで、ほっとカフェシアター2月のゲストには、高知県副知事の中西穂高さんをお招きしています。

3月の特別ゲストとして、もし可能であれば、知事様にも一度お越し頂ければ、より実態がわかり、本県特有のニート対策上参考にしていたけると思いますがいかがでしょうか。私たちも知事の云われるように縦割りの事業ではなく横につなぐ、モデルを実践していきたいと色々と試行を重ねています。

投稿: 竹内隆志 | 2007/01/22 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペコちゃんの心境は(1月17日) | トップページ | 公定歩合据え置き(1月19日) »