« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/29

管理能力ゼロ(9月16日)

 16日夕方、リーマンブラザースの破綻を受けた、世界同時株安を伝えるニュースに続いて、自民党総裁選の候補者が、保育園を訪問した映像が映し出されたのを見て、この国の危機を一層強く感じました。

 そもそも、総裁選のお祭り騒ぎが異常なのですが、その最中にも、国民の暮らしに密接に関わる問題が、次々と起きました。

 その一つは、発がん性の物質などに汚染された輸入米が、全国に、しかも子供やお年寄りの口に入る給食にまで、広がっていたという事件です。

 韓国では、アメリカから輸入される牛肉に、もしかしたら有害な部分が入っているかもしれないという、現実にはまだ起きていない危険をめぐって、あれだけの反政府活動が起きました。

 これに対して、日本の事故米は、わが国の政府が、その責任の下に輸入をし販売した米が、有害な物質に汚染されていたという、現実に起きている危険に対して、なんらの対処もなされていなかったという、レベルの異なる事案です。

 しかも、日々汚染の拡大が伝えられる中で、消費者問題が一番のテーマだと言っていた総理が、事実の解明に向けて、リーダーシップをとった形跡は見られません。

 こんないい加減な政府に、日本人は、どうして怒りの声をあげないのだろうかと思っているうちに、15日には、リーマンブラザーズという、アメリカの大手の証券会社が破綻するという、これまた、日本の国民にも大きな影響を及ぼす出来事が起きました。

 これを受けて、16日の世界の株式市場は、軒並み同時株安に見舞われましたから、この日のニュースでは、そのことが大きく報じられました。

 ところが、同じニュースの中で、自民党の総裁選挙に出ている石原伸晃さんが保育園を訪ねて、園児たちと一緒に、「ポーニョポーニョ」と呑気に歌っている姿が映し出されました。

 それを見て、これが日本のリーダーを目指そうとする人の現実かと、寒気さえ感じました。

 それと同時に、わが国は、国民の食や資産の安全をおびやかすような出来事が起きた時にも、それに真っ向から対処するだけの管理能力を、すでに失っていることを痛感しました。

 たとえ微力でも、世間には馬鹿にされようとも、誰かが何とかしなくてはならない時代だと、心を引き締めました。

|

2008/09/28

メルトダウンが見えますか(9月1日)

 1日夜、福田総理が辞任を表明する記者会見を見ていて、日本という国そのものが、メルトダウン(炉心溶融)の危機にあるように感じました。

 会見の内容が、一般の感覚からいかにずれているかは、見た人がそろって感じたことでしょうから、一々の指摘はここでは省きますが、1ヶ月前の内閣改造の経過を、コメンテーターを頼まれたBSテレビのスタジオで見ていた身としては、「安心実現」の約束から1ヶ月、何を考えていたのかと、次々と疑問がわき上がります。

 また、その理由として、ねじれ国会の中では、誰か別の人がやった方がいいという、理由にもならない理由を聞かされると、県議会との間で、ねじれにねじれた関係を強いられてきたわが身を振り返って、論評をする気もなくなりました。

 どう考えてみても、衆議院の任期切れを1年後に控えて、来年になってからでは、総裁という党の表紙も変えにくい、しかも、民主党の代表選が、無風状態になったため、ここで総裁選を派手に演出すれば、自民党の延命が出来るかもしれないという、思惑の中での判断としか受けとめられません。

 それなのに、「今ここで、政治のかけひきで、政治に空白をつくるわけにはいかない」とか、「国のためにどうすればいいか、虚心坦懐に考えてほしかった」と言われると、福田さんにとって政治は、自民党のためにだけあるのかと、問いたくなってしまいます。

 一方、この会見を伝えるマスコミの側は、相当批判的ではありましたが、電撃的な会見だっただけに、事前につかんでいた情報を紹介することで、他社との差を出そうという向きもありました。

 たとえば、あるニュース番組に登場した、大学教授をしているジャーナリストは、以前、福田さんと2時間ほど話をした時に、自分の手で解散をするという熱意が全く伝わってこなかったので、もしかしたらと感じていたと、内に秘めた自慢を押し隠すような話しぶりです。

 それはそれでいいのですが、「みんな突然の辞任劇というが、実は、かなり前から熟慮を重ねた末の辞任だ」といった解説をされますと、あまりにも永田町的な内向きなコメントに感じられて、この人はジャーナリストとして、どんな目線で政治を語っているのだろうかと、疑問を呈したくなりました。

 この様子を見ていて思ったのですが、政治家が、永田町の論理と都合でものを考えるのは仕方ないとしても、その動向を伝えるジャーナリストまでが、永田町的な考え方に染まってしまえば、政治はますます、国民から遠いものになってしまいます。

 少なくとも私は、この日の会見を見ていて、日本という国の炉心が溶け始めているのではと、強い危機感を感じましたが、 この辞任劇に続く第二幕の、自民党の総裁選挙を、マスコミはどんな視点で伝えるでしょうか。

 小泉政治以来、政治ネタは視聴率を稼げるネタになっているだけに、今後の政局でマスコミが、単に面白おかしく総裁選を伝えようとするのか、それとも、炉心のメルトダウンが始まったのではという、見えない危機を警告するのか、マスコミの力も問われているように思えます。

|

またまたお休み(8月8日~)

 8日から8月一杯は、またしばらくの間、ブログをお休みさせていただきます。

 この間には、夏休みもとりたいと思いますし、少しゆっくりと考えてみたいこともあるからです。

 9月からは、再びブログを書くようにしますが、次の挑戦に向けての準備もありますので、9月以降は、毎日ではなく、折に触れて書きこむようにします。 

 そもそもこのブログも、かなり以前に書いたのですが、忙しさにかまけているうちに、出すのが遅れてしまいました。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »