« 「警察への取材で」(6月8日) | トップページ | 働きかけから身を守るには(6月14日) »

2009/06/15

人事の扱い方(6月12日)

 12日夕方、鳩山総務大臣が辞任したとの報道を見
て、人事案件の扱い方に関して、感じることがありま
した。

 鳩山大臣の辞任は、日本郵政の社長人事をめぐる、
麻生総理との考え方の違いが原因とされますが、前に
もブログに書きましたように、事ここに至るまでに手
を打たなくてはいけないことを、今後の勉強材料とし
て学ばせてもらいました。

 一方、私は、今の時点で、お二人のどちらの考え方
が正しいなどと、判断できる立場にはありません。

 ただ、最後まで気にかかったのは、人事案件の扱い
方が、これでいいのかという点でした。

 かつての、日銀総裁の案件のように、衆参での与野
党の捻じれが原因になっている場合は、ある程度、や
むを得ない面があるかもしれませんが、今回は、国会
の捻じれが背景にあるわけではありません。

 にもかかわらず、かなりの期間にわたって、当のご
本人は、さらし者のような状態になりました。

 これを避けるために、どういうやり方があり得たの
か、またご当人にも、何らかの問題があったのかはわ
かりませんが、少なくとも、人事案件の場合、当の本
人をさらし者にしない配慮が、人事権者の側にあって
しかるべきではないかと思えてなりません。

 これまでも、このことはほとんど話題になりません
でしたが、本当にこれでいいのでしょうか。

|

« 「警察への取材で」(6月8日) | トップページ | 働きかけから身を守るには(6月14日) »