« 飲み屋で使うな(11月16日) | トップページ | めそめそするな(11月21日) »

2009/11/23

4列目の男(11月17日)

 17日午後、公安関係の専門家から聞いた「第4列
の男」という表現を、興味深く聞きました。

 この方は、公安担当の現役時代に、全共闘系の学生
のデモ隊と、しばしば対峙した経験をお持ちです。

 その当時、ある国立大学に、実に演説のうまい学生
がいて、彼がアジ演説をぶつと、多くの学生が集まっ
てきたそうです。

 そんな、運動のリーダー格でありながら、機動隊と
ぶつかり合うデモとなると、最前列には彼の姿が見つ
かりません。

 彼はどこにいるのかと部下に問うと、4列目にいま
すという答えが返ってきましたので、デモ隊の4列目
に目をやると、そこに、仲間とスクラムを組む彼の姿
がありました。

 では、なぜ4列目なのかですが、1列目から3列目
までは、機動隊との衝突の中で、検挙される危険が高
いのに対して、4列目なら無傷でいられるからではな
いかというのが、この方の分析でした。

 実際に、この4列目の方は、学生運動でかなりの名
をはせながら、一度も検挙歴がないのだそうです。

 話の本題はそこからで、この第4列目の方は、今は
ある要職に就いているのですが、今もまた、その組織
の4列目に位置していると、この方は指摘します。

 確かに、言われてみれば、その人物の立ち位置は、
そう見えなくもないのですが、学生時代と同様、上が
傷を負って退く時に備えて、じっと4列目で、次の機
会をうかがっているのに違いないと、うがった見方を
教えていただきました。

 4列目の男が誰を指しているのかは、ご想像にお任
せしますが、うがち過ぎとも言えるお話を、思わずう
なずきながら聞いてしまいました。

|

« 飲み屋で使うな(11月16日) | トップページ | めそめそするな(11月21日) »