« 四季の友 | トップページ | 噂にたがって »

2011/03/18

うちにも来てね

 2月の半ばを過ぎたある日、表参道を歩いています
と、中国語らしき旗が、街灯に飾られていました。

 そう言えば、明治神宮でも、洋の東西を問わず、数
多くの外国からの参拝客の姿を見ますが、この日、加
藤清正が掘ったという言い伝えもあって、パワースポ
ットとして有名になった、「清正井」をのぞいてみま
すと、ここにも、外国人観光客の姿が目につきます。

 また、手洗い場から本殿にかけても、そこここで、
中国語や韓国語が行きかっています。

 さすが明治神宮だと感心をしながら、本殿の脇にあ
る、おみくじの箱をのぞいてみますと、明治天皇の御
製を通して、読む者に訓えを伝える、大御心と題した
おみくじにも、英語の解説がつけられていました。

 タイトルは「OHMIGOGORO」で、単なるロ
ーマ字表記でしたが、そのうち、このおみくじにも、
中国語版やハングル板が、登場することになるのでし
ょう。

 帰りがけに、表参道の街灯に飾りつけられた旗を、
あらためて見てみますと、中国語で、心から歓迎しま
すという意味の言葉が書かれていました。

 地元の方に聞いてみますと、明治神宮をはじめ、商
店街をあげて、中国からのお客さんを歓迎していると
のことで、銀座や秋葉原ばかりでなく、表参道にもど
うぞとの、呼びかけなのだそうです。

 途中、オープンカフェによって、道端の席でカフェ
オレをすすっていますと、案内兼通訳の女性に連れら
れた、中国からの団体客が、外に掲げられた店のメニ
ューを見ながら、入るか入らないか、かなり迷ってい
る様子です。

 この一団は、結局、店には寄らずに帰りましたが、
これからは、こうした光景が、珍しいものではなくな
るのだろうと思いながら、残るカフェオレを飲みほし
ました。

|

« 四季の友 | トップページ | 噂にたがって »