« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/06

“常識”のすき間

 内閣不信任案をめぐる騒動は、まるで、三谷幸喜さ
んの映画を見るような、ドタバタ劇でした。

 この日は、鳩山さんの、「こんな民主党に、したつ
もりはなかった」という、一体誰が、こんな民主党に
したんだと、思わず突っ込みたくなるような、ぶら下
がりのインタビューで、幕を開けました。

 ほどなく、鳩山さんと菅さんの密談が交わされて、
つい先ほどまで、不信任案に賛成すると言っていた、
鳩山さんの態度が一変します。

 肝心の、民主党の代議士会での菅さんの挨拶は、震
災復興と原発の事故処理に、一定のメドがついた段階
で、若い方々に、色々と責任を負ってもらいたいとい
う、どうとでも取れる内容で、辞めるとも何とも言っ
ていませんでしたが、テレビの画面には、辞任を表明
とか、退陣を表明といったテロップが流れます。

 ところが、菅さんサイドは、辞任すると言ったわけ
ではないと言い張りますので、鳩山さんからは、「人
間、嘘を言ってはいけません」と、これまた、よくぞ
言えたものだと思うような、発言が飛び出します。

 その様子をテレビで見ていた妻が、「どっちが、嘘
をついてるんだろう」と言います。

 そこで、「どちらも、それぞれに嘘をついてるんだ
ろう」と答えますと、妻が、「それじゃあ、どっちも
タヌキねえ」と言いますから、「それは、タヌキに失
礼だ」と、妻を諭しました。

 その後は、双方が、ものの見事な泥仕合を演じます
が、そこには、世間には通用しない“常識”のトリッ
クが、隠されていたように思います。

 と言いますのも、菅さんの代議士会での挨拶を、素
直に聞けば、少なくとも、辞任するとは言っていない
と受けとめるのが、世間の常識でしょう。

 ところが、密談を交わした鳩山さんも、代議士会で
の、菅さんの挨拶を聞いたマスコミの政治部も、永田
町の“常識”にのっとって、その曖昧な言い回しを、
辞任表明と受けとめます。

 一方の菅さんサイドは、こう言えば、永田町の常識
で動く人は、勝手に辞任表明と受けとめて、不信任案
賛成の矛を収めるだろうし、国民には、そんなことは
言っていないと、言い訳をすればいいと、踏んでいる
のでしょう。

 つまり、永田町の“常識”と、一般の常識とのすき
間をついて、菅さんは、その場しのぎの泳ぎを、披露
しているように見受けられます。

 ただ、二人での密談の結果、騙されたと言っている
鳩山さんは、去年の今頃までは、総理をしていたので
すから、この程度のことで騙されるのなら、外国相手
に、一体どんな外交交渉をしていたのかと、強い不安
を覚えます。

 また、菅さんも、世界に向けて、辞任表明が報道さ
れていますので、“いつかは分かりませんが、近いう
ちに辞めます”と言っている総理の言動を、諸外国は
どう受けとめるのかと、これまた、唖然とした思いに
駆られます。

 結果的に、内閣不信任案は否決されましたが、政治
全般への不信感は、圧倒的多数で、可決されたことと
思います。

|

2011/06/05

三つの指摘

 今回の大震災をきっかけに起きた、福島県の、原子
力発電所の事故の経緯を聞く中で、東京電力の経営責
任について、三つの指摘を受けました。

 関係者のお話をうかがいますと、東京電力の福島第
一原発では、以前から、二つの不安が、認識されてい
たといいます。

 その一つは、建屋の中で、発電機を起動する時に使
う、重油のボイラーで、これが燃えて、管理区域の中
で火災が起きることの、心配がありました。

 もう一つが、外部電源の喪失で、外部電源が切れる
のと同時に、非常用のディーゼル発電に切り替わるの
ですが、これがどれだけ持つかが、もう一つの不安要
因でした。

 一方、10年あまり前から、アメリカの指摘を受け
て、炉心の溶融もふくめた過激な事故に対する、アク
シデント・マネジメントが求められるようになって、
今回も話題になったベントラインや、消防ポンプのラ
インが敷かれました。

 ただ、たとえ、一基の原発で事故が起きても、数基
の原発が立地している長所を生かして、その事故を補
えるだろうし、送電線も4回線あるため、全てが切れ
ることはないと考えられていました。

 そうした中で、今回の事故が起きたわけですが、そ
の最大の原因は、津波の高さの想定が、甘かったこと
につきます。

 というのも、発電所の建物は、海面から10メート
ルのところに建っているため、極端に大きな津波の場
合でも、建物内に波が入ることはないと、判断してい
たからです。

 しかし、結果的には、14~15メートルを超える
波に襲われたため、海側にあったタービン建屋の、資
材を搬入する口の蛇腹の扉が壊れて、4基の原発すべ
てに、大量の海水が流れ込みました。

 このため、地下にある、ディーゼル発電機や圧力抑
制室、さらには、1階のバッテリー室も、いっぺんに
海水に洗われましたが、塩水に浸かったため、復旧で
きない状態になりました。

 東京電力にとっては、新潟県の柏崎の地震の際に、
地震並びに津波への対策を、見つめ直す機会がありま
した。

 実際、柏崎の地震を受けて、世界で一番、災害に強
い発電所にすると言ってきましたので、謙虚に学ぶ姿
勢があれば、対策が打てたはずでした。

 それを怠ってきたことは、経営責任として、指摘さ
れるべきことの一つだと思います。

 また、原子力発電の現場では、20年ほど前には、
日本のパフォーマンスの高さが評価されて、アメリカ
から、調査団が来るほどでした。

 しかし、その後の日本では、コストダウンやスリム
化が進むに従って、現場で作業をする人の、技能のレ
ベルも落ちてきました。

 また、電力会社では、電力の自由化の流れが進む中
で、普通の企業を目指せという時代の要請と、公益事
業であることとの折り合いをどうつけるか、判断を迫
られていました。

 その中で、時代に合わせて、マニュアルを作りかえ
るなど、新しいマネージメントが求められていました
が、それが出来ていなかったことも、広い意味での経
営責任の一つでしょう。

 ただ、このことは、東京電力に、ひいては電力会社
に限ったことではなく、日本の企業や官庁の全てに、
共通して指摘出来ることかもしれません。

 もう一つは、今回の事故が起きた直後の、初期の対
応の問題で、海水の注入を止めた云々については、現
場の所長が、本社に対しては、注水を止めたことにし
て、実際には、注入を続けていたことがわかりました
が、いずれにしろ、東京電力の経営首脳が、毅然とし
た判断を示さなかったことに、問題がありました。

 海水の注入に関しては、官邸の素人や、専門家とい
われる人たちが何を言おうが、現場におまかせ下さい
と、はねつけるのが、責任ある経営者の態度だったと
思います。

 また、事故当初の、菅さんの視察に関しても、菅さ
んの判断の良し悪し以前に、総理が行かれても何にも
ならないので、おやめ下さいと言うのが、東電の幹部
の仕事で、それをやすやすと受け入れた体質が、経営
責任として問われるべきだと思います。

 原発事故に関しては、この他にも、考えるべきこと
が様々ありますが、長くなりましたので、またの機会
にします。

|

復興構想の行方

 政府の復興構想会議の中で、どんな議論が進められ
ているのか、よく知りませんが、このままだと、新し
い国の姿を描くといった意気込みとは、程遠い内容に
なりそうだと、不安がよぎります。

 まず、被災地の街づくりに関して、菅さんから伝わ
ってくるイメージは、住宅地を高台に移して、漁師さ
んや水産関係の人は、毎朝、海辺に通勤するようにし
よう、といった話だけです。

 実は、この構想は、昭和8年に、三陸一帯が大津波
に襲われた後に、国が出した報告書にも提案されてい
て、それを受けて、98の集落が移転しましたが、多
くの集落は、元の場所での復興を選びましたし、一度
は高台に移った住民も、やがて、便利な海辺の地域に
戻ってきたという、過去の経験があります。

 ですから、こうした歴史に学ぶことなく、人から聞
いたアイディアを、そのままオウム返しに提案をして
も、実現は難しいと思います。

 また、街づくりは、いかに立派な先生方を集めたと
しても、会議での議論だけでは、いいものが出来るは
ずがありません。

 やるのなら、しかるべき、建築家なり都市づくりの
プランナーにチームを作らせて、各被災地の地元の方
々と一緒に、絵を描いてもらうのが一番です。

 ただ、それに備えては、前回のブログにも書きまし
たように、土地の売買を規制する、事前の措置を講じ
ておかないと、どんな絵を描いても、実現が難しくな
ってしまいます。

 次に、会議の議論で気にかかるるのが、特区制度の
活用で、復興構想会議の中でも、復興特区といった言
葉が、飛び交っています。

 しかし、特区制度は、地方分権の声が強まった時代
に、地方を懐柔する手段の一つとして、国が編み出し
た譲歩作で、民主党がマニフェストにうたった、地域
主権を進めるための手立てではありません。

 特区制度は、一応、地方から提案を受ける形になっ
ていますが、国の省庁が、最終的な決定権限を持って
いる点は、従来の補助金制度と何ら変わりません。

 ですから、国の審査の結果、そのお眼鏡にかなった
提案だけが、国の許可を受けて、実施されることにな
ります。

 復興特区になって、従来の特区制度と、何か違いが
あるとすれば、それは、審査の期間が短くなるとか、
規制が緩和される枠が、従来より、すこし広げられる
くらいでしょう。

 にもかかわらず、復興特区という名で、産業政策や
都市政策が進められることになるのなら、それは、震
災をきっかけに、中央省庁が、権限を強めることにな
りかねません。

 そう考えますと、民主党が言ってきた、地域主権こ
そが政権交代の一丁目一番地だという言葉は、どこに
行ったのかと、首をかしげたくなります。

 もし今も、地域主権を本気で考えているのなら、こ
の震災復興を機会に、復興のための補正予算を、全て
一括交付金として地方の自治体に配分するくらいの、
思い切った政治判断がないと、新しい時代を切り開く
復興にはならないと思うのです。

 もう一つ、会議の流れで不安を感じるのは、これを
機会に、国にとって都合のいい道州制が、提案される
だろうと感じられることです。

 というのも、地方が主張する道州制は、国の持って
いる権限と財源を、地方に移すことを前提にしていま
すが、国が主張する道州制は、中央集権の仕組みは残
したまま、国の財政効率を上げるために、都道府県の
合併を進めようとするものだからです。

 正直を言って、今回被災した市町村の中には、被災
の規模の大きさから、今のままの自治体として復活す
るのは、難しいと思われる自治体がありますから、今
後、再度の市町村合併は避けられないと思います。

 その際に、市町村合併に便乗して、都道府県も合併
させようという声が、国の中に出てくることは、容易
に想像できます。

 そうなると、菅さんは、そのことが地方の将来、ひ
いては日本の将来に、どんな影響を与えるかを考える
ことなく、ここで道州制を打ち出せば、歴史に名前を
残せるかもしれないと、考えるタイプではないかと思
います。

 こうしたことから、このまま復興構想の会議に任せ
ていると、古い日本の仕組みが固定化されるだけで、
五十年後、百年後の日本を考えた構想は、出てきそう
もないと、虚しさばかりがつのってきます。

|

急がば回れ

 大震災から、2ヶ月が経って、単なる復旧ではない
復興をという掛け声のもと、各種の会議が開かれてい
ますが、幾つもの、疑問と不安が湧いてきます。

 その一つは、今の時点で先を急ぐと、今やっておか
なくてはいけない応急の対応が、置き去りにされかね
ないという不安です。

 これだけの大震災ですと、自治体や国が担当する応
急の対応だけでも、被災された方の体と心のケア、支
援物資の配給、義捐金の配分、さらには、仮設住宅へ
の転居など数々あります。

 しかし、自治体間の力量の違いが出て、支援物資の
配給にも、かなりの差が出ていますし、義捐金の配分
や仮設住宅の建設も、その道筋が見えていません。

 もっと大きい問題は、被災者の心のケアで、僕も、
1998年に高知県の中央部を襲った大水害の後、被
災者の心のケアの大切さを実感しました。

 今回の災害が残した心の傷の大きさは、過去の災害
とは、比べようもありません。

 もちろん、全国の自治体や、医療分野の関係者が、
応援して下さっていますが、国の仕事として、心のケ
アから取り残されている人がいないかどうか、目配り
をしていかないと、幾つもの心の傷が、置き去りにさ
れかねません。

 また、置き去りとは違いますが、先日、不動産関係
の方から、考えさせられる話を聞きました。

 それは、その方が岩手県内で、仕事先の方々と話を
していた時に、被災地の土地を、買いあさっている人
がいるという話を、聞いたというのです。

 被災者の中には、もう被災地には住めないとの思い
から、または、当面の資金を手当てするために、土地
を手放したいと思う方が多数おられても、不思議では
ありません。

 しかし、そうした動きを、このまま放っておきます
と、被災地をまとめて、新しい街づくりをという動き
が出てきた時に、こうした虫食いの土地が、必ず、事
業のネックになって行くだろうとのご指摘です。

 岩手県内では、被災者が勝手に、元の場所に住宅を
建てないように、指導したり規制したりする動きがあ
りますが、住宅だけでなく土地の取り引きも、事前に
規制をかけておかないと、後の街づくりに支障をきた
すことは、間違いありません。

 こう考えてみますと、復旧や復興を語る前に、きち
んと手当しておかなくてはいけない応急の処置が、ま
だまだ多く残されていることが分かります。

 それを解決するためには、指示命令の系統を明確に
した上で、スピード感を持って、取り組んでいかなく
てはなりません。

 そのためには、今からでも遅くはありませんので、
現地に、具体的には仙台になるでしょうが、財源と権
限を持った、速やかな判断と指示の出来る、政府の指
揮官を置くべきだと思います。

 お前に任せる、後の責任は全て俺が取るから、スピ
ード感を持って、思う存分にやってくれと指示するの
が、東京にいる指導者の、なすべきことではないでし
ょうか。

 復興構想会議への疑問と不安は、次回のブログに綴
ります。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »