« 馬鹿にしてぇ~ | トップページ | 山間を吹き抜ける風 »

2011/08/09

胸の鼓動

 月の初め、一泊二日で、久々の人間ドックを体験
しました。

 一泊した病室は、この病院では高層の階にあります
ので、窓から見るパノラマには、正面に、東京ドーム
越しのスカイツリーが見渡せます。

 一日目は午後から、内視鏡で、大腸などを調べる検
査が入っていますので、午前中から2時間かけて、2
リットル近い下剤を、飲まなくてはいけません。

 看護師さんからは、これが辛いと、警告を受けてい
ましたので、目の前に置かれた、ずっしりとした液体
を見ますと、先行きが案じられてきます。

 ただ、前夜から水分を控えていたため、喉がカラカ
ラだった上、下剤もよく冷えていましたので、始めの
うちは、結構快調に飲み続けることが出来ました。

 ところが、やがて、下剤に含まれている、塩分と糖
分の微妙なコラボが、鼻ならぬ舌についてきて、飲み
込む意欲はぐっと落ち込んでいきます。

 いよいよ本番、内視鏡の部屋に行きますと、担当し
てくれるのは、髪を短く刈り上げた、若い女医さんで
した。

 お尻の割れたパンツにはき替えて、うれし恥ずかし
の思いでベッドに横になりますと、「軽く麻酔をかけ
ますね」という声が聞こえてきましたが、間もなく、
意識が朦朧としてきます。

 目を覚ました時には、「はい終わりました」と言わ
れて、覚悟していた割には、あっけない幕切れとなり
ました。

 翌日の心電図も、数年ぶりに受診しましたが、足首
と胸に、計測用のアタッチメントを着けるやいなや、
こちらも、「はい、終わりました」となりました。

 感覚的には、心臓の鼓動にして2~3回といった感
じで、これで、心電図が測れるのかと心配になると同
時に、技術の進歩に驚かされました。

 すべての検査を終えて、会計の自動支払機に、受診
カードを差し込みますと、請求金額が出てきます。

 その金額を見て、再び心臓が2~3回、強い鼓動を
打ちましたが、これも安心の保険料と思うと、鼓動も
次第に収まりました。

|

« 馬鹿にしてぇ~ | トップページ | 山間を吹き抜ける風 »