« もう一つの温度差 | トップページ | 足しても2で割れない »

2012/02/11

えらい喧しいですが

 年末年始は、宮崎市内で一人暮らしをしている、妻
の母のもとで過ごしました。

 このブログにも、何度か登場している妻の母は、満
で88歳、足腰の元気さはそれなりに衰えましたが、
ご本人が言うところの「びんた」、つまり頭はいたっ
て元気で、当意即妙、楽しい会話が楽しめます。

 自分が間もなく90歳だと思うと、どうしてもそれ
が納得できないと繰り返しますが、この調子だと90
歳の壁も、やすやすと越えていけそうな予感です。

 大晦日には、その母と妻の3人で、紅白歌合戦を見
ましたが、始めに出場歌手が勢ぞろいした場面では、
ある男性歌手の顔を見て、「この人、昔と比べて、か
なり顔が変わっちゃいませんかねえ」と、いきなり、
答えにくいつぶやきを漏らします。

 前半戦が終わって、これから後半戦という時には、
「これで、団体戦が終わりですか、これから個人戦じ
ゃね」と、グループ全盛の時代を切り取るような、見
事なコメントが炸裂します。

 その後半戦、レディー・ガガが登場した場面では、
「この人は、どこの国の人ですか、えらい喧しいです
が」と、ガガ様も、レディー・ババの前では形なしの
状態でした。

 といったわけで、長丁場の紅白にも、飽きることな
く、最後まで見ることが出来ました。

|

« もう一つの温度差 | トップページ | 足しても2で割れない »