« えらい喧しいですが | トップページ | 白髪男の玉手箱 »

2012/02/13

足しても2で割れない

 昨年出会った星占いの先生には、今年の運勢はとて
もいいと太鼓判を押されたのですが、氏神様のおみく
じは末吉でしたので、さてどうしたものかと、思案投
げ首です。

 星占いの女性とは、ある食事会でお会いしたのです
が、星占いは、災害や恋愛などの分野別に、専門が分
かれているのだそうです。

 ではこの方はと言えば、災害の占いは、兆しが出た
時が恐いためとの理由で、恋愛や仕事運など、暮らし
に関わるテーマを専門にされていました。

 それでも、将来の運が悪いと占いに出た人に、その
ことを、明け透けに言うのは難しいでしょうと尋ねま
すと、そういう人は、一度予約を入れてきても、何か
の都合で来られなくなるケースが多いと言います。

 そうか、星占いの予約を入れた後、その予約をキャ
ンセルせざるを得なくなったら、それが凶運の知らせ
なのかと、一つ勉強になりました。

 皆さんも、占いの予約を入れたら、少々のことがあ
っても、キャンセルをしない方が良さそうです。

 そんなお話を聞いた後、自分の今後を占っていただ
きますと、次の一年の運勢はとてもいいと、太鼓判を
押して下さいました。

 一方、年が改まってから、渋谷の名の由来ともなっ
た氏神さまを訪ねて、おみくじを引いてみますと、今
年は末吉、あまり無理をせずに、静かにしていなさい
とのご託宣です。

 ということは、あまり調子に乗ってはいけないとい
うことでしょうが、絶好調の星占いとどう折り合いを
つけたらいいのか、足して2で割るわけにもいかず、
難しい判断を迫られそうです。

|

« えらい喧しいですが | トップページ | 白髪男の玉手箱 »