« 私家版にほん昔話 | トップページ | 台湾海峡春景色 »

2012/03/27

夢に忠実な人

 ある晩、一緒にお食事をした女性は、牛肉も生魚も
食べない方でした。

 くだんの女性は、高知の知事時代からの知人でした
ので、妻ともども仕事の打ち合わせを済ませますと、
早稲田にある居酒屋さんで食事をしようと誘ってくれ
ます。

 聞けば、そこは彼女が早稲田に住んでいた頃、毎日
のように通ったお店なのですが、病気をした後、あま
りお酒が飲めなくなったため、足が遠のいていると言
います。

 このため、お店のご主人との挨拶も、ご無沙汰とい
う言葉から始まりましたが、ご主人によると、このお
店の4本の柱のうち2本は、彼女のおかげだというこ
とで、いかに通い詰めていたかがよくわかります。

 さすが馴染みのご主人だけに、彼女の好みをよく知
っているのですが、その話を聞いていると、食べられ
ないものがとても多いのです。

 そこで、理由を聞いてみたのですが、彼女の話は、
本当かと思うような驚きの連続でした。

 それは、いずれも田舎にいた小学校時代のことです
が、まずはお刺身を食べた日の夜、立ち姿の魚が、尾
びれを足にして自分の方に近づいてくると、あなたが
食べた魚は、私の家族だったと言って泣いたのだそう
です。

 それ以来、お刺身が一切食べられなくなりました。

 また、農家だった実家には牛が飼われていたため、
つぶらな瞳と長いまつげを見るにつけ、牛肉を食べる
ことには抵抗があったのですが、牛肉を食べたある夜
のこと、今度は夢の中に牛が現れました。

 よく見ると、牛の片方のお尻が、えぐり取られてい
ます。

 不思議に思って、夢の中の彼女が、「牛さん、どう
してお尻の肉がないの」と尋ねると、牛は、「それは
あなた方が、昨日食べちゃったからだよ」と答えまし
た。

 えらくシュールな話ですが、それ以後は、牛肉も口
に出来なくなりました。

 いやあすごい人だと思って聞いていますと、玉ねぎ
やラッキョウも食べないのだと言います。

 こちらは夢とは関係がないのですが、その理由は、
皮をむいてもむいても、正体が見えないので嫌なのだ
とのことで、これは筋金入りの人だと、あらためて感
心しました。

 さらに、人の生と死に関しても、彼女は独自の想い
出を持っていました。

 ある日、赤ちゃんはどうして生まれるのだろうと疑
問を持って、お婆ちゃんに尋ねますと、コウノトリが
運んでくるんだよと、わりとあり気な答えを教えてく
れます。

 そこで、赤ちゃんの生まれた家のまわりを見回った
のですが、鳥が運んできた様子はありません。

 これは、お婆ちゃんが嘘をついたのに違いないと勘
づいて問い詰めますと、お婆ちゃんは、「お前は賢い
子だから、本当のことを教えてあげよう」と言って、
「実は、裏の畑のキャベツから取れたのだよ」と話し
てくれました。

 このため、キャベツの外側の葉が巻く時期に、じっ
と畑に座って見つめましたが、どう見ても、赤ちゃん
が取れるとは思えません。

 またお婆ちゃんにだまされた気づいて、もう一度問
いただそうとした時に、お婆ちゃんは病気で亡くなっ
てしましました。

 もう一つは、お父さんが亡くなった時のことで、お
父さんはジャガイモになったと、教えられたのだそう
です。

 彼女のことですから、ジャガイモになったのなら、
きっと芽が出てくるはずだと思って、毎日お墓を見に
行きましたが、芽が出てくる気配はありません。

 そうか、上に石が乗っかっているから芽が出ないの
だと思って、お墓の石を動かしてみたところ、みんな
から、こっぴどく怒られたとのことでした。

 亡くなったお父さんが、ジャガイモになったと教え
る方も教える方なら、それを信じる方も信じる方だな
あと、開いていた口がさらに開きかけましたが、子供
の頃に、彼女が抱いていた将来への夢を聞いて、なる
ほどとうなずけるものがありました。

 それは、早稲田大学を1年で中退した後、小説家に
なるという夢で、この夢そのもののは実現しませんで
したが、出版社の編集者という形で、数多の小説家と
つき合うことになりました。

 その上、早稲田大学に進学しなかった代わりに、早
稲田に住んで、この居酒屋さんに通ったということで
すので、どこまでも、夢には忠実な人なのだと納得さ
せられました。

|

« 私家版にほん昔話 | トップページ | 台湾海峡春景色 »