« 集まり散じて人は変われど | トップページ | 江戸の空中散歩 »

2012/04/30

花鳥風月を独り占め

 僕が、中国に行っていた間、妻は、宮崎の母の家を
訪ねましたが、89歳の義母はまさに人生の円熟期、
自然と戯れながら一日一日を過ごしていす。

 日々温かさが増してきたため、思い立った妻が、居
間のふすまをはずすと、ベッドを動かして部屋を広げ
ました。

 すると義母は、風の通りが良くなったと大層の喜び
ようで、後日僕が電話をした時にも、「おかげで、お
金はないけど分限者(ぶげんしゃ=もの持ち)になり
ましたわ」と、ご機嫌な様子です。

 あわせて妻が、ホームセンターで買ってきた何種類
かの花の苗を、空いているプランターや植木鉢に植え
ますと、庭に降りた義母は、ホースで水まきを始めま
した。

 ところが、しばらくしますと、楽しそうに水やりを
していた義母の手が、急に止まります。

 どうしたのかと思ってよく見ると、なんとホースに
あいた小さな穴から、細くて勢いのいい水が、義母の
背中めがけて飛んでいたのです。

 義母は、肩のあたりをしっとりと濡らしたものの、
風邪をひいたりすることもなく、無事着替えをすませ
ました。

 しばらくして、雨が降り始めますと、「やっぱり、
水道の水より天の水に限るわ、花も喜んでる」と、ご
満悦だったそうです。

 庭には、昔はよく猫が姿を見せましたが、今は猫に
かわってスズメが顔を出します。

 このため、義母が庭におコメをまくと、一羽二羽と
寄ってきたスズメが、いったん飛び立ってどこかへ行
くと、次には、十羽ほどの仲間を引き連れて戻ってき
ます。

 子供の時に遊んだ石けりの、トントンパと同じよう
なリズムで、スズメたちは土の上や花の鉢のへりを、
器用にはね跳んで行きます。

 義母には、その姿がたまらなく可愛らしいようで、
目を細めてスズメの一挙手一投足を楽しんでいるので
すが、それはもはや、一茶の心境かもしれないと、妻
も感嘆していました。

 考えてみれば、庭には花あり鳥あり、部屋には風が
吹き抜ける、これで夜空にお月様が出れば、文字通り
花鳥風月の独り占めで、自分もこんな優雅な晩年を送
りたいものだと思います。


|

« 集まり散じて人は変われど | トップページ | 江戸の空中散歩 »