« 踵の痛みの原因は | トップページ | はてその実態は »

2012/07/31

オリンピックの季節

 オリンピックの季節を迎えて、時折、スポーツ絡み
のこぼれ話が耳に入るようになりました。

 といっても、ロンドン・オリンピックに直接関わる
話ではないのですが、その中から、ちょっと面白いな
と思った話題をご紹介します。

 一つ目は、ある女性タレントにお目にかかった時の
ことですが、今回のオリンピックでも、日本人選手の
活躍が期待されている、トランポリンの話題になった
時、私もトランポリン部だったのよと言われます。

 聞けば、中学に入った時、体が柔らかかったので、
トランポリンが向いていると進められて、トランポリ
ンの部活に入ったのだそうです。

 ところが、トランポリンの練習を始めるまで、すっ
かり忘れていたことがありました。

 それは、自分が高所恐怖症だったことで、部活の初
日に、空中高く飛び上がった途端に、そのことを思い
出して、怖くなってその日限り、早々に退部したとの
ことでした。

 おいおい、それを、元トランポリン部というのかと
思いましたが、とても真剣にお話になるので、真剣に
聞いてしまいました。

 もう一つは、平泳ぎの北島康介さんに関することで
すが、かつて、オリンピックの水泳で銅メダルを取っ
た、女子選手の証言によりますと、彼は、思いのほか
体が硬いのだそうです。

 スタートの時には、膝を曲げて用意の姿勢を取るた
め、見た目ではわかりませんが、膝を伸ばしたまま前
かがみをしても、指先が床につかないくらい、体は硬
いと言います。

 それなのに、水の中に入ると、水を得た魚のように
スイスイと、柔らかい泳ぎを披露するのですから、人
の体は実に不思議なものです。

 などなど、オリンピックシーズンともなると、変わ
り種のネタも含めて、スポーツ絡みの話題がふえそう
です。

|

« 踵の痛みの原因は | トップページ | はてその実態は »